京都大学リサイクル市

Contents

Tweets by ku_risaichi

リサイクル市へようこそ!
©1986-
京都大学リサイクル市実行委員会

E・CO・DEN・リサイクル(使用済小型家電の回収)...

使えなくなった小型電子・電気機器の回収試験を実施します。


めぐるくん ©京都市

壊れた音楽プレーヤーや、使わなくなった携帯電話など、家にためこんでいませんか?京都大学リサイクル市実行委員会では、家具・家電の回収に併せて、使えなくなった小型の電子・電気機器の回収も試験的に行っています。

この回収試験は、小型電子・電気機器に含まれるレアメタル等の回収システムを考えるために実施します。特に学生を対象とした京都大学での取り組みは、全国に先駆けて一昨年度より実施しているものです。回収した機器の品目・量・製造年代などのデータを収集し、レアメタル等回収システムの構築に役立てると同時に、これらの金属が環境に与える影響を軽減することにもつながると考えられています。

回収する小型電子・電気機器リスト

回収の対象は、下記の「不要になった小型家電」です。<目安となるサイズ:15×25cm以下>

注意!!

家電リサイクル法の対象品目等(エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機)、パソコン、粗大ごみ、単独の電池、CD-DVD等記録媒体は対象外です。
電子・電気機器内の個人情報はできる限り消してください。充電式の電子・電気機器は放電してください。
◎個人情報の管理について◎
携帯電話やPHSなど、データが残っている可能性のある小型家電については、回収後に破壊機でデータ蓄積部分を破壊し、個人情報を消去します。なお、個人情報の管理の観点から、一度回収した物の返却には一切応じられません。

提供の方法

リサイクル市へ物品提供される場合に、提供される物品と同時に引き取ります。引き取り当日に、直接スタッフにお申し付けください。
物品提供申込書または申し込みフォームの「提供物品」欄に記入する必要はありません。

回収後について

回収された機器は、レアメタルや貴金属等の含有金属量を分析するなどの各種試験を行います。その後、製錬施設にてレアメタルを回収します。得られたデータは、今後のレアメタルリサイクルのための国の施策に反映されます。

事業詳細

この事業は京都大学こでん回収プロジェクトチームに京都大学リサイクル市実行委員会が協力する形で実施しています。お問い合わせについては、当委員会までお寄せください。
今年度からは回収した小型家電の処理を京都市に委託しています。(そのため、京都大学リサイクル市における回収試験もE・CO・DEN・リサイクルの名称を用いています。)京都市の実施する使用済み小型家電の回収については下のページをご覧ください。