模擬店企画のみなさまへ

 毎年10トンを超えるごみが排出される11月祭において、その多くを占めるのが発泡スチロールトレー・紙皿・生ごみなど、模擬店の営業に伴い排出されるごみです。そのため、模擬店企画のみなさまにも11月祭環境対策委員会の主導のもと以下のような環境対策活動にご協力いただいています。

模擬店企画のみなさまにお願いする主な作業

一般模擬店の方

 環境対策の手引きもあわせてご覧ください。

@ 模擬店でのごみ分別

 店内で発生したごみの分別と運搬をしていただきます。ごみの10分別とその注意点、ごみ集積場の受付時間や場所は環境対策の手引き[PDF]をご覧ください。

A-1 屋外ごみ箱管理

 1模擬店につき1つの屋外ごみ箱を4日間にわたって管理(ごみの回収やごみ袋設置など)していただきます。(環境対策の手引き[PDF])各模擬店の担当ごみ箱については、環境対策の手引き[PDF][PDF]をご覧ください。

A-2 分別補助

 11月祭期間中および後片付け日のうち割り当てられた2回のシフトへの参加をお願いします。日付・時間については環境対策の手引き[PDF]をご覧ください。

洗い皿使用模擬店の方

 環境対策の手引きもあわせてご覧ください。

1. 模擬店でのごみ分別

 店内で発生したごみの分別と運搬をしていただきます。ごみの9分別とその注意点、吉田集積場の受付時間・場所は環境虎の巻p.3〜[PDF]をご覧ください。

2. 会場内ごみ箱の管理

 1模擬店につき1つのごみ箱を前半2日間または後半2日間にわたって管理(設置、分別、運搬等)していただきます。(環境虎の巻p.6〜[PDF])各模擬店の担当ごみ箱については、環境虎の巻p.8[PDF]をご覧ください。

3. 洗い皿使用模擬店の作業

 洗い皿使用模擬店のみなさまには洗い皿の洗浄シフト・運搬作業に参加していただきます。なお、一般模擬店が行うリサイクル作業への参加は免除されます。洗浄シフトの日付・時間については環境虎の巻p.9-1〜[PDF](未掲載)をご覧ください。

ごみの流れ

分別後のごみの行方

 模擬店の営業により排出されたごみはどこへ行くのでしょうか。おそらく調理の際に出たごみは模擬店内のごみ袋へ、販売の際に来場者に渡った容器などのごみは会場内のごみ箱へひとまず収まるでしょう。

float.jpg(17737 byte)

続きへ